酷刑執行者に「ノー」を

0
63

酷刑執行人に『ノー』を全世界拷問ゼロ貿易連盟は、酷刑用刑具の販売停止を訴える。

欧州連合が主催する『拷問ゼロ貿易連盟』は、電撃警棒や先端の尖った警棒等の酷刑及び死刑用刑具の売買停止を呼びかけており、2017年9月中に欧州連合のおよそ60か国が加入した。

このような刑具は中国の刑務所拘置所に於いて広く使用されている。

2016年、アムネスティ インターナショナルは、中国を一番の死刑執行国と言及。

「これは、人に苦痛を与え 殺人にのみ使用できるもので、普通の商品と同様に売買される事は許されない。今力を結集してこの恥ずべき貿易を制止する時が来た」と、欧州連合貿易通商担当委員セシリア・マルムストロム(Cecilia Malmstrom)さんは、アメリカの声(VOA)で指摘した。

この20年間中国の酷刑は法輪功愛好者が対象となっている。殴打は数多くの酷刑中の一種に過ぎない。

使用された電撃警棒や先端の尖った警棒は、今回『拷問ゼロ貿易連盟』が指摘に挙げた酷刑刑具だ。

海外明慧ネットの報道によると、法輪功愛好者は10大類79小類の刑具で激しく殴打された。

41% は頭部殴打
35% は顔面殴打
25% は全身殴打
19% は四肢殴打
4% は生殖器を殴打

明慧ネットは大量の法輪功愛好者が酷刑を受けた実例を収集した。酷刑が原因で死亡したのは何千人に至っている。