なぜ ベトナム出身の機長は高給を諦め 中国語を学びに台湾へ来たのか?

0
43

私はベトナム出身の阮俊勇航空会社の機長をしている。 20年以上パイロットをしてきた。 彼はかつて中東の5つ星の航空会社の機長だった。 彼は英国オックスフォードのフライトコーチもしていた。彼は23年間の飛行経験があり、数え切れないほど地球を回ってきた。

この職業は私に 様々な角度からこの世界を見る特権と機会を与える。私は愛と憎しみを見てきた、富と貧困を見てきた。 私は戦争と不幸を見てきた。なぜ私たちはこの世界にいるのか?人生の意味は何か?

彼はこの世界に興味があり、幼少時から東方の佛家修煉に魅了された。彼は人間がどこから来て、この世を去るとどこへ行くのか知りたかった。

彼は武道の練習が好きで、練習中に多くの怪我を負った。医者は彼に、関節の痛みは永遠に残るだろうと告げた。その後 彼は多くの宗教書を読み、多くの気功に触れた。更に、生老病死の因縁関係を知りたがった

4年前 私が中東の5つ星の航空会社に勤めていた時、母親が興奮して私に電話してきた。彼女はネットで法輪功を知り、それはとても良いからと勧め、ネットで功法が学べると教えてくれた。

当時、月給は2万ドル以上で、私はキャリアのピークにいた。日頃他の気功も練習していたが、母親の助言を気にしなかった。母親にはベトナムに戻った時に考えるからと返事をした。

家に戻った時は多忙だったので、4種類の動作のみ学んだ。仕事に戻る途中、空港で飛行機を待っていた時「轉法輪」を読み始めた。1時間後、本の中のすべての言葉が私の魂と話していたと感じた。これこそ私が探し求めていた物だと気づき、母親に電話をした。

「この本は単なる本ではなく内容が非常に奧深く言葉を超えていた」と彼は目を覚まし、法輪功を始めた。
「轉法輪」のベトナム版を読むと、彼はこの本にはきっとさらに奥深い理が含まれていると感じた。彼は知らないだけだった。彼は早く中国語版「轉法輪」を読めるように 中東の高給の仕事を辞めて、中華文化が完璧に保存されている台湾へ中国語を学びに行った。

給料が半分に減ったとしても彼は気にしなかった。人生が苦しく短いと分かっている。彼は時間を大切にし 2年ほどで中国語版「轉法輪」を読めるようになっただけでなく、流暢な中国語を話せるようになった。

法輪大法を修煉するまで 私は自分のキャリアで非常に成功した。インテリで勤勉だった私だが、他人への要求が高く皮肉っていた。法輪大法を修煉した後 更に良い人間になるため 自分を変えた。真 善 忍の原則に従って、親切で思慮深くなった。人と対立した時 相手を批判せず、自分の悪かった点を反省した。全ての物事を完璧に処理できなくても 私は常に自分の欠点を改善するよう注意を払った。
修煉前、彼はインテリを自負し、ベトナム語と英語の他、ロシア語やフランス語も話せた。彼の幼年時代は貧困だった成長すると立身出世しか考えなかった。

修煉を始めて 人生はこのように過ごすべきではないと悟った彼は「轉法輪」の勉強を通じて忍耐できるからこそ 善の力がはじめて現れ 善の力は本質的に人々を変えることができる。
長年探し求めてきた答えは、実は非常に簡単だ。心身とも修煉しさえすれば、更に良い人間になれば、道は簡単で奥深いものだ、人々は 私が経験豊富で勤勉に働く良い人だと評価してくれる。これは私に心地良さを感じさせる。
私がどのくらい良くなったかを見れば あなたは法輪大法の素晴らしさを知ることができる。私はただ法輪大法の原則に従い続けている

法輪大法は法輪功とも呼ばれ中国を源とする古代の修煉功法だ人々の道徳心を向上させ心身の健康を改善することができる。 1992年に伝え出されてから 今世界で100以上の国々に広がった 2000年から 毎年5月13日は「世界法輪大法の日」と定められた彼は法輪大法の修煉者として世界は「真善忍」が必要だと信じている。