「故意の盲目」がもたらす結果とは何か?

0
46

「人々は中共の生体臓器狩りを無視し続けている。全世界が中国共産党に圧力をかけ、医療システムの透明化や説明責任を
課していれば、今回の武漢肺炎(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックはなかっただろう。中共の違法な臓器移植は無視していい。これは中国で起こったことだから、カナダ人やアメリカ人とは関係ない、と考える人がいるかもしれない。しかし、今回の新型コロナウイルスこそ、この考えに対する答えだ」と、先日カナダの有名な人権弁護士デービッド・マタス氏は取材で語った。
ニュルンベルク裁判の中で、ナチスの医師に対する裁判があり、最終的に「故意の盲目」という原則に基づき、医師の一部を死刑判決とした。
これは武漢肺炎に対しても同様である。「故意の盲目」は刑事責任の要素とみなされ国際レベルの刑事責任ともいえよう。