科学的発見:修煉者の膨大なエネルギー場

0
25

2002年、ハーバード大学の広報に、インド北部でチベットのラマ僧たちが、薄着のまま冷たい水につけたシーツを肩に掛け、華氏40度(摂氏4度)の部屋で座禅し、正常な体温を維持しながらも、シーツを乾かしていったという実験が載っていた。
1998年、鲁艳芳(luyanfang)さんと数十人のアメリカの科学者が、中国で気功(古い修煉方法)に対する研究を行い、その結果、気功師は強い超音波を放出することができ、普通の人の100倍から1000倍を超えていることが分かった。
2000年、医学作家Lara C.Pullenさんが一部の法輪大法学習者をインタビューし、さらに、その内容をアメリカCBS
テレビ局の番組で発表した。
シカゴ出身の39歳の楊森さんは慢性肝炎にかかっていると診断されたが、法輪大法をしばらく修煉した後、再び身体検査を行ったところ、32の検査レポートは全て正常値を示していた。

#法輪大法 #気功 #超音波 #ハーバード大学 #ラマ僧 #Lara C.Pullen #真相の扉

〜〜真相の扉〜〜
Truth Media – Life Needs Truth
https://www.truthmedia.info/