イーサン・ガットマン:疑惑から戦慄へ

0
26

臓器狩りについて、イーサン・ガットマン氏は2008年から独自の調査を行い、中国の現状改善に尽力したことで、2017年ノーベル平和賞にノミネートされた。
彼によると、労働教養所に拘禁された法輪功学習者はほぼ全員異常な身体検査を受けたという。
角膜を検査するのに視力検査はしない。
肝臓、腎臓を検査するのに一般の健康診断はしない。
五つの感覚器官のうち、目だけを検査し、耳・鼻・舌などには全く無関心だよいう。
ガットマン氏いわく「このような検査は体が健康か否かを見るのではなく、臓器の質を見ているのだ」
ガットマン氏だけでなく、2016年、アメリカの国際医師団体「強制臓器摘出に反対する医師の会」(DAFOH)も臓器狩りの真相を暴露した。

#臓器狩り #法輪功学習者 #イーサン・ガットマン #ノーベル平和賞 #国際医師団体 #真相の扉

〜〜真相の扉〜〜
Truth Media – Life Needs Truth
https://www.truthmedia.info/