最後の審判は幕を開けた 英国民衆法廷は「中国共産党は人道に反する罪を犯した」と最終裁定した

0
51

ロンドン現地時間6月17日午前10時、「独立民衆法廷」は最終裁定を開いて、法律顧問、人権弁護士のハミド・サビ氏は開廷の挨拶をした。
旧ユーゴスラビア国際刑事法廷で検察官を務めたこともあるジェフリー・ナイス卿が議長を務める民衆法廷は、公聴会に「中国共産党が殺人罪とジェノサイドなど人道に反する罪を犯した事実は、確固たる証拠によって証明された」という法廷陪審団の満員一致の結論を言い渡した。