G20サミット平和的な請願が暴力によって抑圧され 中国共産党の怖さを全世界に示した!

0
71

G20サミットが開催されたアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスで、当地の法輪功学習者は習近平主席が宿泊しているシェラトンホテルの近くで「法輪功への迫害を停止せよ」などの横断幕を揚げて平和的な請願をした。

目撃者の証言によると、当日の午後、中国大使館の職員が当地の警官と話した直後、数名の警官が突然学習者たちの横断幕を奪い、更には、警棒で学習者の手を打ち、喉元に警棒を当てて後ろへ引き戻す警官もいたという。
その場にいた女性警官は「上からの命令だ」と学習者たちに教えた。

今回の事について数名の学者は「中国共産党による圧力が原因で今回の異常な事態が起こった。中国共産党が民主主義国家に干渉した生々しい事例である」と論評した。