老け顔 認知症 脳腫瘍 元凶はスマートフォンの使い過ぎ?

0
42

科学の発展により、人々の生活は便利になったものの、同時に様々な病気の発生率も増加している。
近年、スマートフォンの普及により、人体への悪影響や依存症が問題視されており、特に老け顔が若者間で急増している。
スマホと脳腫瘍の因果関係は科学的に証明されていないが、米国では、脳腫瘍で亡くなられた人の中で、生前スマホに依存していた人が多数したという。
また、スマホに依存することで、「デジタル認知症」やうつ病を引き起こすことがあり、一種の精神障害とも言える。
スマホやパソコンから放射されるブルーライトは、人体に悪影響を及ぼすことが研究を通じて明白されている。
電子書籍ではなく、印刷された本を読むなど、自分の身体の為にも、普段から少しずつスマホを手放す工夫をしよう!