パンドラの箱が開かれた!? 中国で遺伝子組換えベビー誕生

0
321

中国のある科学者が「遺伝子編集」技術を通じて、
「ルル」と「ナナ」と呼ばれる双子が生まれながらにしてエイズに抵抗を持つようにしたという。

このことが公表されてから、様々な批判が殺到した。

「道徳と倫理においてしてはならないことだ」、
「直接人体に実験をすることは気が狂っているとしか言えない」、
「彼女たちは『人間』なの? それとも『製品』なの?」

第二次世界大戦のナチス・ドイツでも遺伝子組換え実験やその他一連の非人道的な人体実験などが行われた。

そして、今、中国共産党は人類の道徳文明を無視して、
頭部交換技術やクローン技術、遺伝子編集技術など、

世界各国で固く禁じられていることを進めており、
地獄の扉を開けようとしている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here