心身ともに健康になる方法

0
25

11歳の時からドラッグにはまり、15歳の時に退学して、ゲーム漬けの日々を送っていたニューヨーク在住のウィリアムさん。

16歳の時に法輪功を修煉し始め、当日で麻薬とタバコを一切止めた。

通常なら、禁断症状が現れるが、ウィリアムさんには何の苦痛も訪れなかった。

その後、大学入試に合格し、現在はアニメーション作家として働いている。

法輪功は気功であり、1992年李洪志氏によって伝え出されて以来、健康増進や道徳心の向上を促し、現在110ヶ国以上の人々に愛好されている。