中国の地下にある万里の長城 核兵器基地兼臓器狩り強制収容所

0
422

 朝鮮半島が緊張している時、中国共産党のメディアは秘密の核による反撃演習をよく報道したり、膨大な秘密の「地下の万里の長城」を珍しく公に報道したりした。

 これらの地下軍事施設は全国に分布している。民間用に公開された部分を除いて、大部分が閉鎖され、各種秘密用途に使用されている。

 中国瀋陽市蘇家屯区にある「遼寧省血栓病中西医結合医療センター」(蘇家屯血栓病院と略す)はそのような施設の一つである。元看護婦「アニーさん」の元夫がそこで働いていた時に、2000名の生きている法輪功学習者から角膜を奪い取ったと、アメリカに亡命したアニーさんの証言録音から分かる。

 2006年3月末、瀋陽軍区の老軍医の証言は次の通りだ。蘇家屯地域病院の地下にも強制収容所がある。2005年までは1万以上の人々が拘束されていた。蘇家屯病院は中国のただ36個ある強制収容所の一つにすぎない。吉林省の番号672—Sの強制収容所は12万人以上の法輪功学習者と他の反体制派が拘束されていた。