中国監視社会の実態 決して大げさな話ではない

0
225

米国「商業内幕」は次のような文章を発表した。
中共は14億人の国民を監視する巨大なシステムを設置している。

その中には10種の主要監視方式を含む
・顔を識別する技術を通して茫茫たる人込みから目標を探し出す 
・グループ管理者に傍聴させる
・ランダムに通行人を止めて携帯電話を検査する
・ツイッターやブログを追跡しユーザーの家族とその位置を探し出す
などの方法がある。
 
人々の購買やソーシャルメディアと家庭生活に深入りする、
スーパバイザリーコントロール体系は、人々をぞっとさせる体系であると書かれていた。
 
これは決して大げさな話ではない。