生き埋めされる寸前の少女の一言が数百人を感動させた

0
255

ユダヤ人の少女が生き埋めにされる前に放った一言で
その場にいた数百もの人々を感動させた!

統計によると第二次世界大戦中
ドイツでは600万人の-

ユダヤ人が虐殺され
中にはたくさんの子供もいた

捕えられたユダヤ人の中に

1人の女の子が母親と共に
強制収容所に収容された

彼女の父親はすでに
捕えられる前に時に亡くなった

不幸なことに少女の母親も-

ある日 兵士に
連れ去られたのだ

少女は母親の死を知らず
絶えず周りの人に聞いた

ママはどこ?
いつ帰って来るの?

しかし 少女は母親の
帰りを待つことができずに

ナチス兵に処刑場へと
連れて行かれてしまった

少女の前には大きな穴があり

一緒に連れて来られた人々の
目は恐怖でいっぱいだった

少女の目だけは懸命に
母親の姿を探していた

何百人ものユダヤ人が絶えず
穴に突き落とされていき

間もなく少女の番がやってきた

その時少女は兵士にこう頼んだ
「おじさん…

ママがすぐ見つけ出して
くれるように-

私を浅く埋めてくれませんか」

この一言で兵士の手が止まり

その場にいた何百もの人々
が感動して涙を流した

少女のこの一言で皆心を痛ませ

心の底から放った
この純粋な一言は

人々の善の心を呼び覚ました

この善の力は 邪悪なナチスに
侵食されることはなく

いつまでも
人々の心に残るだろう

しかし今日の中国では
同じ悲劇が起こっているのだ

1999年7月 中国国内で

法輪功学習者に対する
大規模な集団虐殺が始まり

この悲劇の中で
最も犠牲となっているのは

何の罪もない子どもたちだ

彼らは両親から引き離され
帰る家を失い

学校も退学にさせられて
孤児となった

また 迫害されて
死に至る子どもたちもいるのだ