アメリカの大学の研究:座禅は人を聡明にさせる

0
59

雑誌『ニュー・サイエンティスト』2005年11月15日の報道より、座禅は脳の構造を改善することができ人を聡明にさせる。これはケンタッキー大学の研究者の実験から出た結論だ。

研究者は 10人のボランティアを「心理的行動」テストに参加させ、対象者はコンピュータの画面をじっと見つめるように要求され、ある画像が現れるとすぐボタンを押すというものだ、人間の思考の瓶感度を測定する。実験開始の前に10人の対象者は各自でリラックス方法を選ぶ、例えば:座禅、昼寝、読書、 世間話など。時間は40分間だ。

実験結果によると:座禅を選んだ対象者は他の人より思考が鋭くなり、すぐに最高の状態に入った。40分ほどの昼寝は人間の思考能力を高めると言われている。しかし、この状態に到達するには起きてから1時間はかかる。この研究の担当Bruce O’Hara氏は「各テストで対象者には良好な状態が現れた...」と語り、「特に対象者が徹夜した後、座禅による効果はより顕著だった」という。

1998年初め、中国国家体育委員会は北京市、武漢市、大連地区、広東省及びその他の地域において、現地の医学会からその地域の各気功流派に対して医学調査を行い。その結果:座禅のある法輪功は学習者への病気治療の効果があり、全快する比率は70%以上、病気治療や健康保持の比率は98%以上だった。