フィンランドの歌手 天の歌声で暗闇を追い払う

0
88

アンナ・カカネイはフィンランドの民謡歌手だ。彼女の三枚のアルバムはほとんどオリジナルだ。「私はフィンランドのポップスアンドジャズ音楽学院を卒業した、教師でもある」と言った。

彼女の多数の歌が何度も有名ラジオ番組で流れ、ランキングトップに選ばれ、聴衆の書き込みには「天の歌声」だと評価された。  「音楽は私の命程大切なもので、歌を作るのも同じである」。アンナの作品は人間性の温かさが満ちている、と音楽評論家は言った。  アンナはこう言った:「とても内気なので、音楽は自分の心を表現する重要なものである」。音楽:光はローソクの後ろで輝き、人々の顔の氷を融かす、「光明で冷たい氷を融かす」アンナの音楽の理想は彼女の信仰からきたものである。

アンナは2006年に法輪功を始めた、ご主人が偶然に法輪功学習者に会い、関連情報を知りアンナに東方から伝わってきた。佛家修煉方法を紹介した、「私はすぐに彼に言った:あ!これこそが私の修煉したいものだ!」。

「音楽者として昔はかなり短気だったが、法輪功の功法を修煉してからより穏やかに、より集中力が高まり、いろんな面でよくなり、免疫力も高くなったようだ。」

修煉を始めた後、アンナは現在中国国内で法輪功が中共による残酷な弾圧を受け、数千人が迫害で亡くなった事を知った。彼女はマスコミにこのように述べた、

「私が100%言えるのは法輪功修煉者に対して、このようにするべきではない、世界中でどんな人も自由に修煉することができるはずで、人々が良い人間になり 、健康を改善する、これのどこに罪があるのか?」

「中国で起きている酷い迫害を知り、人権のために何かしようと思った。」歌声でこの暴行を止めようとアンナは2009年から創作を始めた。1枚目のアルバムの名前は「秘密の花園」、代表曲は「金色の国」。

「この歌が物語ったのは、ひとりまたひとりの正義を貫く決意をした人たちはローソクに灯りをつけ、最後に世界中が金色の光に包まれ、暗闇を追い払う」。