末期癌尼僧の奇跡的な回復

0
70

私は阮黃鴛という、大学では法律学部だったが、4年生の時に人生の重大な選択で髪を剃って出家した。寺院での生活は思ったほど容易ではなかったが、一部の尼僧や僧侶たちはまるで一般人のように、情欲や怨恨、妄想に溺れていたのを見た。このような環境の中で悟りを開けるものかと苦しい立場を感じたが、抜け出すことができなかった。私には佛と菩薩の像を拝むことしかなかった、悟りを開いてくれる師が現れるように、ずっと佛様に願い続けており、修行の停滞に孤独を感じた。

尼僧になって1年後、私は胃癌と診断され。しかも、癌細胞が既に腸と子宮にまで転移し、起きることすら苦しかった。それでも全力で毎日の日課と職務を果たしたが、体が極めて衰弱した為、家に戻って治療することにした。癌治療の有名な医者や気功師を訪れたが、効果はなかった。全ての希望が消えそうになった時、友人から1種の修練方法を勧められた。それは座禅を含む功法で法輪大法といい。公園で修練者に習うように教えられた、最初は、あまりやる気がしなかったが、私を心配する彼女は、病気を治せる修練の道を探すことが大事だと主張した。

彼女から法輪大法と修練者たちの体験談を聞いて、私は感動して試すことにした。驚いたことに、公園で皆さんと一緒に修練してから1か月後、痛みが緩和し、回復の喜びを感じた。このように1か月後、私は寺院を離れ、常人社会で修煉する、新しい生活を始めた。法輪大法は上乘な佛家修煉功法で世間を離れず、複雑な環境の中で境界を高め、正常な仕事も家庭生活も保持する。この選択をしたときには、批判の声も聞こえたが、私の決意は誰にでも阻止できない。なぜならば法輪功の修煉で、回復しただけではなく、自分がずっと探していた。真の修煉の道だからだ。「轉法輪」を読む時に豁然と明るくなったようだ。これは本当の修煉の本である、初めて法輪功を練習した時、温かいエネルギーが全身を貫く感じがしてとても気持ちよかった。そのすばらしい感覚が言葉では表現し難い、私は自分の体に現れた大きな変化が見えた。

法輪大法を修煉して半年後、全ての病気が治った。現在、私はすっかり元気になり、英語を教えて生計を立てている。全てのことには原因があり、そして運命の中に決まていると、私は信じている。もし、偶然に私の物語を読んだら、あなたにも収穫と啓発をもたらすことを望む。